雑草の影響はこんなにも大きい!@ 長野県上田市発電所

 前回は上田市は日射量がとても多いというお話をしましたが、その反面雑草も凄まじく多いということが最近分かりました。今回はその影響力についてお話いたします。

 先日(8月9日)上田市発電所の草刈りに行きました。なぜ行こうと思ったかと言いますと、遠隔監視装置で売電量が下のグラフのようになったことと、現場近くの業者から雑草がかなり伸びているという情報をもらっていたからです。


    上田市発電量(20170805)除草前

 このグラフを見ると一目瞭然ですが、「String16」の売電量が他のStfingの3分の1以下になっています。この発電所全体の売電額が月30万円だとすると、1つのStringがこのような状態になってしまうと、月8,000円の損失になります。実はこの時売電額が3分の1になっているStringが3つありましたので、合計で月24,000円の損失になる状態だったということになります。その時の雑草の状況が下の写真です。


    上田市雑草1_R


 下からツルが伸びてきてパネル表面を這っている感じです。他の箇所では木の様に太くて背が高い雑草がパネルの目の前や横に立ちはだかり、パネルが完全に影になっていました。太い雑草は引っ張っても抜けないので、枝切りばさみで1本ずつ切り倒しました。

 猛暑の中4時間の作業でしたので、かなりフラフラになりました。作業中は怪我防止のために長袖長ズボン、手袋にマスク着用ですので、蒸し風呂状態でした。それでもがんばって除草した甲斐あって、下のグラフの通り10時頃から急激に売電量が回復し始め、12時には完全に他のStringと同じ売電量まで回復しました。やって良かったなと思える瞬間ですね。


    上田市発電量(20170805)除草後

 実はこの発電所は防草シートを敷いているのですが、その範囲をケチってしまい、パネルの前と下だけにしか敷いていませんでした。そうするとここくらい雑草の多い場所だと、防草シートを敷いていない部分から雑草が伸びてきて、パネルまで達してしまうのです。この経験を踏まえ、来年は防草シートを全面に敷こうと思います。更にフェンス際などの防草シートを敷けない部分は、除草剤を撒いて万全の態勢で臨もうと思います。発電所の管理は20年と長丁場ですので、できるだけ手間がかからないように準備を整えることがとても重要だと痛感した1日でした。



 → 太陽光発電所の雑草対策(草刈り・除草剤)
 → 太陽光発電所の雑草対策(防草シート・砂利)



 

太陽光発電アドバイザー【天意】のプロフィール

運営者:天意(てんい)

【太陽光発電】
 2013年に太陽光発電部材の輸入販売を開始し、完成物件(産業用)の販売も手掛けております。
これまでに販売した太陽光発電所は約20件で、自社でも現在6件保有しております。
太陽光発電初心者が安心して購入するための知識や、業界の現状、太陽光発電の今後の発展を現場目線で分かりやすくお伝えしていきます。
パワコン合成  パネル1枚
【中国語】
 2002年に当時勤めていた会社の社員旅行で初めて上海に行きました。その時中国語に興味を持ち、勉強を始めました。その7年後の2009年には中国人女性と結婚し、2016年に中国語検定2級を取得しました。今では太陽光発電部材を輸入する商社の代表として、業務でも中国語を活用しております。
中国地図 中国語
【経理】
 実は本業は経理です。大学時代に日商簿記検定2級を取得し、社会人になってからは最初の3年は会計コンピューターの営業でしたが、その後現在までの16年間は経理の仕事をメインで行いながら、ネットショップの運営や太陽光発電部材の仕入販売、太陽光発電所の開発と販売を行ってきました。経理の仕事は、その会社で起こっている数字に表れる出来事をすべて把握することができますので、大きな醍醐味とやり甲斐があります。
TAX.jpg お金
【資格・趣味など】
保有資格:中国語検定2級、日商簿記検定2級、システムアドミニストレータ初級、ファイナンシャルプランナー3級
スポーツ:草野球10年、ジョギング
クラブ活動:陸上競技(短距離・跳躍)中学3年・高校3年
趣味:ブログ、子供と散歩&サイクリング、野球観戦
 

晴天率が非常に高い長野県上田市

 弊社が保有する長野県上田市発電所の発電量を公開させていただきます。低圧では最も発電量の多い物件です。

・太陽光パネル:Looop社(中国製)多結晶250W×276枚(69kW)
・架台:中国製単管打込み架台
・パワコン:田淵電機三相9.9kW×5台(49.5kW)
・傾斜角:20°
・買取価格36円(税抜)

上田市発電量(201706)
 上のグラフは2017年6月の発電量です。6月5日に監視装置を設置しましたので途中からになっていますが、30日間に換算すると、発電量は9,314kW/h、売電金額は税込362,000円ですので、非常に優秀な発電所だと思ます。

上田市発電量(201707)
 7月も順調に推移しており、このペースで行くと35万円くらいになると思います。長野県上田市は非常に晴天率が高いので、毎月安定した発電が見込めます。しかも冬でもそれほど雪が多い地域ではありませんので、1シーズンに2,3回積もる程度です。積もったとしても、冬も晴天率が高いので1,2日で落ちてしまいます。今後もこの近辺で新しい土地を探していきたいと思います。

上田市発電量(20170617)
 上のグラフは6月で最も発電量が多かった日の物ですが、69kWくらいの過積載でしたら上田市の日射量でもピークカットになるのは5,6月で5,6日程度ですので、それ程勿体ない感はありません。それ以外の月はほとんどピークカットしません。

 物件を購入される際は、設備価格や利回りだけではなく、日射量もしっかりと調べて物件を選ぶと良いと思います。
 

プロフィール

天意(てんい)

運営者:天意(てんい)
 太陽光発電初心者が投資に失敗しないための知識や業界の動向を現場目線でお伝えしていきます。
 メディアでは報道されない業界の現状や本当の姿を紹介していければと思います。
 → 詳しいプロフィール
 

 
カテゴリ
最新記事
感電事故が増加 2017/12/14
太陽光発電の国による買取保証と賦課金の仕組み 2017/12/07
売電事業が儲かる驚くほど簡単な仕組み 2017/11/30
太陽光発電投資が29年度でも高利回りな訳は? 2017/11/23
ソーラーフロンティアの生産拠点集約の功罪 2017/11/16
全記事表示リンク
見積りサイト紹介
 見積りサイト紹介
楽天市場
リンク

ページの先頭へ