太陽光発電の改正FIT法における事業計画の提出方法(WEB申請)

【概要】
 平成29年4月1日に施行された改正FIT法では、平成29年3月31日までに設備認定を受けて、電力会社と接続契約を締結した事業者を「みなし認定事業者」とし、運転開始済みも含めたすべての案件を新制度の認定へ移行するために、事業計画を提出する必要があると定めております。提出期限は平成29年9月30日です。ただし全く気負う必要はありません。事業計画と言っても今後20年間の計画を細かく記載するというものではなく、WEB上で発電設備の基本情報を埋めるだけのものです。運転開始済み案件であれば添付資料は必要ありませんので、ものの2,3分で完了します。

【ログイン】
 申請に当たっては、電子申請サイトにログインをするためのIDとPWが必要です。これらは設備認定を受けた際に、申請者宛にメール送信されておりますので、販売業者などが申請している場合は、そこから事前にもらっておく必要があります。
 → 電子申請サイトログイン

【申請手順】
1.メニューの「みなし認定設備⼀覧」をクリック
2.「検索」ボタンをクリック
3.「認定状態」の「認定中」を選択
4.検索結果⼀覧より該当設備を選択し「参照」ボタンをクリック
5.「みなし認定移⾏⼿続き」ボタンをクリック
6.太陽電池(パネル)の合計出力を入力 ※認定上の発電出力ではなく太陽光パネルの合計出力
7.事業区域の⾯積、電話番号、メールアドレスを入力
8.設備の所在地を入力
9.接続契約締結日は運転開始済み案件の場合は入力不要。未開始の場合は電力会社によって締結日の定義が異なりますので、電力会社の接続の同意を証する書類の一覧をご参照ください。

10.接続契約締結先を選択
11.電源接続案件募集プロセスへの参加の有無を選択 ※意味が分からない方は「無し」を選択
12.上記10の接続契約締結先と同じものを入力
13.買取価格を入力
14.運転開始状況は運転開始済み案件の場合はチェック
15.以下のチェックボックスのすべてをチェック
16.「認定確認」ボタンをクリック
17.「保存して次へ進む」ボタンをクリック
18.添付ファイルについては運転開始済み案件の場合は不要です。未開始の場合は電力会社によって添付する書類が異なりますので、電力会社の接続の同意を証する書類の一覧をご参照ください。
19.「申請」ボタンをクリック
「認定申請の登録を受け付けました」と表示されれば完了です。

 → 事業計画登録操作マニュアル
 → 太陽光発電の改正FIT法における事業計画の提出方法(紙申請)
 → 改正FIT法施行で対応すべき項目と留意点


 

カテゴリ:事業計画  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

天意(てんい)

運営者:天意(てんい)
 太陽光発電初心者が投資に失敗しないための知識や業界の動向を現場目線でお伝えしていきます。
 メディアでは報道されない業界の現状や本当の姿を紹介していければと思います。
 → 詳しいプロフィール
 

 
カテゴリ
最新記事
蓄電池よりも経済的!電気自動車「EV」のお得な活用法とは? 2017/10/19
出力抑制を回避する救世主となるか!?IoTを活用したVPPの動向 2017/10/16
FIT法(固定価格買取制度)の原理原則と課題をおさらいします 2017/10/12
みなし認定遅れを巡る太陽光発電業者と経済産業省の思惑と対策 2017/10/05
住宅用蓄電池市場に吹く逆風の正体とは?自家消費を推進するメーカーの動き 2017/09/28
全記事表示リンク
見積りサイト紹介
 見積りサイト紹介
楽天市場
リンク

ページの先頭へ