太陽光発電投資は本当に儲かるのか|儲かる仕組み

 太陽光発電には大きく分けて、自家消費(余剰買取)型と全量買取型があります。この記事では投資という観点でお話しいたしますので、全量買取型についてお話しします。

 全量買取型の発電所は産業用発電所と呼ばれておりますが、まさに自分が発電所の事業主となって売電事業を行うことになります。この事業が儲かるのかを判断するためには、リスクリターンを明確にしておく必要があります。まず分かりやすいリターンについてですが、下記の通りとなっております。


 「本当に電気を買い取ってもらえるのか?」

 電力会社は太陽光で発電した電気を20年間決められた価格で買い取らなければならないという法律がありますので、売り先がなくなるという心配がありません。


 「いくら売電収入が入るのか計算できるのか?」

 「NEDO 日射量データベース」で地域ごとの日射量を確認することができますので、20年間でいくら売電収入が入るかをおおよそ知ることができます。詳しい発電量と売電金額の計算方法は下記記事に記載しております。

 → 発電・収支シミュレーションの分析(発電量)
 → 発電・収支シミュレーションの分析(売電額・利回り)

 ということで、リターンを固定して利益を計算することができるという、他の投資にはない太陽光発電特有の強みがあります。それではそんな太陽光発電の表面利回りはどれくらいあるのかと言いますと、平成29年度においても平均10%前後は確保できます。もちろんもっと高いものもあります。それは下記の太陽光発電所物件の検索サイトをご覧いただければ一目瞭然です。

 → 太陽光発電の見積りサイトの紹介

 利回りがとても良いことは分かりましたので次にリスクですが、発電する原料である太陽光は枯渇しないものですので、マンション投資のように空室率のようなものはありません。想定し得るリスクとしては下記の様なことが考えられます。


    コイン

 「故障すると長期間売電が出来なくなるのではないか?」

 確かにパネルにしてもパワコンにしても故障することはあります。ただし、それをカバーするものとして製品保証保険が用意されております。パネルの製品保証はほとんどのメーカーが10年です。それに付け加えてパネルには出力保証というものも付いており、その内容はほとんどのメーカーで20年後でも80%以上の出力を保証するというものです。

 一般的にパネルの発電劣化は年0.5%と言われておりますので、通常では20年で10%しか発電は落ちません。よって、20%も発電が落ちるパネルは稀であると言えます。パワコンは10年保証が標準付保のメーカーもあれば、オプションのメーカーもありますが、オプションでもそれ程高いという訳ではありませんので、付けておいた方が良いと思います。中には20年保証を付けれるメーカーもあります。


 太陽光発電投資はやはり儲けやすい

 上記の通り、太陽光発電投資は平成29年度においてもやはり儲けやすいと言えそうです。とは言え、管理を怠ると故障などで安定した売電収入を損なう危険性もございますので、保守・管理につきましては最善を尽くしていただく必要がございます。
 なお、保守・管理や安全性につきましては、下記記事をご覧ください。

 → 太陽光発電が長期安定稼働の為に守るべきメンテナンスのガイドライン
 → 太陽光発電投資は本当に安全か



 

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

天意(てんい)

運営者:天意(てんい)
 太陽光発電初心者が投資に失敗しないための知識や業界の動向を現場目線でお伝えしていきます。
 メディアでは報道されない業界の現状や本当の姿を紹介していければと思います。
 → 詳しいプロフィール
 

 
カテゴリ
最新記事
蓄電池よりも経済的!電気自動車「EV」のお得な活用法とは? 2017/10/19
出力抑制を回避する救世主となるか!?IoTを活用したVPPの動向 2017/10/16
FIT法(固定価格買取制度)の原理原則と課題をおさらいします 2017/10/12
みなし認定遅れを巡る太陽光発電業者と経済産業省の思惑と対策 2017/10/05
住宅用蓄電池市場に吹く逆風の正体とは?自家消費を推進するメーカーの動き 2017/09/28
全記事表示リンク
見積りサイト紹介
 見積りサイト紹介
楽天市場
リンク

ページの先頭へ