太陽光発電所のトラブルとその影響

 太陽光発電所は他の種類の再生可能エネルギーを利用した発電所に比べれば故障は少ないと言われておりますが、それでも長く運営していると様々なトラブルに遭遇します。その中でもよくあるトラブルを下記にまとめました。

【落雷などによる停電】
 発電所がある地域で停電が起きると、パワコンはすべて停止してしまいます。そうなると、通電が再開してもほとんどのメーカーのパワコンは自動的には復帰しませんので、誰かが現場に行って復帰作業を行わなければなりません。復帰するまでは売電が完全に0になってしまいますので、被害が最も大きいトラブルのひとつと言えます。対策としては遠隔監視装置を設置して常に監視しておくと被害を最小限に抑えることができます。監視装置が無い場合は、定期的にインターネットで落雷予報や落雷履歴を確認し、落雷がありそうな日の前後に現場確認をするのが良いと思います。あとは近隣住民にご協力をいただき、停電が起きた時に知らせてくれるようお願いしておくと安心です。
 → 売電量遠隔監視装置の必要性

【鳥による落石や糞】
落石
 パネルの破損や鳥の糞などで日光をふさいでしまうと、その部分の電気抵抗値が極端に高くなり、高温になってしまうことがあります。最悪の場合、下記に記載している「ホットスポット」になってしまうこともあります。

【ホットスポット】
ホットスポット(表面)
 上記の理由などでパネルが焦げたり燃えたりするホットスポットになってしてしまうことがあります。ホットスポットになるとケーブルが燃えて断線する事もありますので、そうなると同じ回路につながっているパネルで発電した電気もパワコンに送ることができなくなります。その結果、その回路だけではなく、そのパワコン全体の売電量も減少させてしまうこともありますので、大きな被害をもたらします。

【パネル内部の断線(半田剥がれ)】
 パネルには発電した電気を送るバスバーという電線がたくさん貼られていますが、何らかの衝撃によってそれが切れたり剥がれたりすると、同じ電線でつながっているセル(約15cm四方の四角い板)で発電した電気を送ることができなくなってしまいます。同じ電線でつながっているセルはパネル全体の3分の1ですので、1ヵ所だけの発生であればそれ程被害は大きくなりませんが、施工が雑な業者が設置した場合、設置時に衝撃を与えてしまい、後々たくさんのパネルでこういった故障が発生することも考えられますので、注視する必要があります。

【防草シートのめくれ】
シート剥がれ
 「太陽光発電所の雑草対策(防草シート・砂利)」にも記載していますが、防草シートの設置方法を誤ると、風で簡単にめくれてしまいます。そうなるとそこから雑草が生えてきてパネルに影をかけてしまいますので、早急に補修をしなければなりません。

【積雪】
積雪パネル
 上記の写真はかなり極端な例ですが、パネル全面が雪で覆われると当然ながら発電量は0になります。ただし、積雪の本当の怖さはそこではなく、その重みでパネルを破損し、架台を変形させてしまうことです。パネル表面のガラスが割れてしまうと内部に水などが入ってショートしてしまう恐れがありますので、交換しなければなりませんし、架台も修理して元の形に戻すことは当然として、再び変形しない為に補強もする必要があります。これにはかなりの費用が掛かることは想像に難くありません。

 → 太陽光発電所の保守・メンテナンスの重要性

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

天意(てんい)

運営者:天意(てんい)
 太陽光発電初心者が投資に失敗しないための知識や業界の動向を現場目線でお伝えしていきます。
 メディアでは報道されない業界の現状や本当の姿を紹介していければと思います。
 → 詳しいプロフィール
 

 
カテゴリ
最新記事
蓄電池よりも経済的!電気自動車「EV」のお得な活用法とは? 2017/10/19
出力抑制を回避する救世主となるか!?IoTを活用したVPPの動向 2017/10/16
FIT法(固定価格買取制度)の原理原則と課題をおさらいします 2017/10/12
みなし認定遅れを巡る太陽光発電業者と経済産業省の思惑と対策 2017/10/05
住宅用蓄電池市場に吹く逆風の正体とは?自家消費を推進するメーカーの動き 2017/09/28
全記事表示リンク
見積りサイト紹介
 見積りサイト紹介
楽天市場
リンク

ページの先頭へ