中国製の太陽光パネルは本当に安全か!?

 日本市場における海外製品のシェア

 太陽光パネルは様々な国で作られていますが、日本で流通しているのは「中国」「日本」「台湾」「アメリカ」製の物がほとんどです。この中で最も多いのが圧倒的に中国製で、特に野立て太陽光発電所ではほとんどと言って良いくらい中国製が使われております。以前はドイツ製もたくさん使われていましたが、高性能・高耐久性を誇っていたドイツ最後の砦「ソーラーワールド社」も中国製との競争に敗れ、倒産に追い込まれました。

 他の製品を見てみると、家電製品は日本製や韓国製の品質が重視され、ヨーロッパ製のデザインに人気が集まっています。自動車でも日本車の品質や使いやすさ、ヨーロッパの根強いブランド力やデザインが重視されており、なかなか中国製の出番はありませんが、太陽光パネルに関しては全く逆の現象が起きており、品質やデザインより価格が最も重視されているのです。


     中国地図


 中国製パネルが人気になる訳

 価格が最も重視される要因の一つとして太陽光パネルは精密機械ではないということが挙げられます。パネルには駆動する部分がありませんので、そもそも壊れにくいのです。しかも手に取って使うものでもなければ、家の中に置いて見る物でもありません。要するに他の製品に比べて品質やデザイン、使い易さという点を重視する割合が少ないのです。

 よって、安い人件費で大量生産するのが得意な中国メーカーが一気に台頭してきたという訳です。更に、安い人件費で大量生産していても製品保証や出力保証は他国の製品とほとんど同じですし、実際に使ってもほとんど壊れず、発電量も見劣りしません。よって品質などで他国製品と差別化されませんので、価格が安い中国製がこれだけ採用されているのです。

 上記の通り、これからパネルメーカーを選ばれる際は、先入観にとらわれることなく安心して中国メーカーを中心にご検討されるのが良いと思います。もちろん中国メーカーでもピンからキリまでありますので、できるだけ実績豊富なメーカーを選んでいただければ間違いはありません。



 → 太陽光パネルの種類を選ぶ基準
 → 太陽光発電の見積りサイトの紹介


 

関連記事

カテゴリ:部材  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

天意(てんい)

運営者:天意(てんい)
 太陽光発電初心者が投資に失敗しないための知識や業界の動向を現場目線でお伝えしていきます。
 メディアでは報道されない業界の現状や本当の姿を紹介していければと思います。
 → 詳しいプロフィール
 

 
カテゴリ
最新記事
感電事故が増加 2017/12/14
太陽光発電の国による買取保証と賦課金の仕組み 2017/12/07
売電事業が儲かる驚くほど簡単な仕組み 2017/11/30
太陽光発電投資が29年度でも高利回りな訳は? 2017/11/23
ソーラーフロンティアの生産拠点集約の功罪 2017/11/16
全記事表示リンク
見積りサイト紹介
 見積りサイト紹介
楽天市場
リンク

ページの先頭へ