蓄電池・エネファーム等に対する助成金(補助金)制度の概要(東京都)

【家庭向けの助成金】

● 対象者 : 対象機器の所有者

● 条件
 (1) 都内の住宅において新規に設置される機器(未使用品)であること
 (2) 対象機器の設置に係る領収書等の日付けが、平成28年4月1日から平成32年3月31日までのものであること
 (3) 対象機器を設置する住宅において、原則、機器設置前1年間及び設置後2年間の電力消費に係る情報等について、東京都が求めた場合に提供すること

● 一般申請期間平成28年6月27日から平成32年3月31日まで

● 対象機器・助成率
 ・ 蓄電池システム : 機器費の1/6。1戸当たりの上限額は次のいずれかの小さい額
  (ア) 1kWh当たり40,000円に、蓄電容量を乗じて得た額
  (イ) 240,000円
 ・ 燃料電池(エネファーム) : 機器費の1/5。1台当たり上限額は次のとおりです
  戸建住宅:100,000円、集合住宅に:150,000円

● 対象機器等の要件
 ・ 蓄電池システム
  1. 国が平成28年度以降実施する補助事業における補助対象機器として、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に登録されているもの
  2. 太陽光発電システムと同時導入すること
 ・ 燃料電池(エネファーム) : 国が平成28年度以降実施する補助事業における補助対象機器(停電時発電継続機能付き)として、一般社団法人燃料電池普及促進協会(FCA)により登録されているもの


【申請方法】

申請書及び、添付書類の提出は郵送でお願いします。
・(注)原則として、申請書類の到着に関するお問い合わせに個別に回答することは出来かねます。郵送の際には、到着まで追跡可能な方法にてご提出ください。
・(注)窓口予約につきましては、お電話にてご予約ねがいます。また、ご予約なしでのご来所につきましては、ご対応出来かねる場合がございます。予めご了承ください。


【申請書提出先】

〒163-0810
東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル10階
東京都地球温暖化防止活動推進センター
スマートエネルギー助成金担当

● 受付時間
月曜日~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)午前9時~午後5時まで

● お問い合わせ
スマートエネルギー助成金担当ヘルプデスク
電話:03-5990-5086

※ 本助成金は、助成対象機器等に係る領収書の日付(領収日)から6ヵ月以内の申請が必要です。
例えば、領収書の日付(領収日)が平成28年6月28日の場合、平成28年12月28日が申請期限(公社必着)となります。

● 助成金制度リーフレット
● 助成金申請手続きの流れ


 → 「東京都環境公社」の蓄電池、燃料電池(エネファーム)等に対する助成金
 → 蓄電池の上手な活用法と将来の展望



 

関連記事

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

天意(てんい)

運営者:天意(てんい)
 太陽光発電初心者が投資に失敗しないための知識や業界の動向を現場目線でお伝えしていきます。
 メディアでは報道されない業界の現状や本当の姿を紹介していければと思います。
 → 詳しいプロフィール
 

 
カテゴリ
最新記事
感電事故が増加 2017/12/14
太陽光発電の国による買取保証と賦課金の仕組み 2017/12/07
売電事業が儲かる驚くほど簡単な仕組み 2017/11/30
太陽光発電投資が29年度でも高利回りな訳は? 2017/11/23
ソーラーフロンティアの生産拠点集約の功罪 2017/11/16
全記事表示リンク
見積りサイト紹介
 見積りサイト紹介
楽天市場
リンク

ページの先頭へ