蓄電池よりも経済的!電気自動車「EV」のお得な活用法とは?

 こんにちは、天意です。

 昨今、EV(電気自動車)各種が社会に広がり始めています。この電気で動く自動車であるEVの新たな可能性を紹介していきたいと思います。



 電力改革、期待の星「EV」!

 今世界各国では、太陽光などの自然の力によって生み出される「再生可能エネルギー」の買取事業が広がっています。
この動きにより、日本でも太陽光パネルなどの設置が進められてきました。しかし、住宅用太陽光発電利用者は、余剰売電期間が終われば、売るよりも自家消費を選択する方が経済的という事で、今後自家消費に移行される方が多くなります。

 そのため、家庭内で発電した電力を溜めておく蓄電池のニーズが高まってきています。けれども、固定式の大きな住宅用蓄電池は導入コストが20万と高く、普及は進んでいません。そこで、EVの車載用バッテリーをこの住宅用蓄電池の代わりに使う動きが出てきました。

 EVに搭載されているバッテリーを家庭の蓄電池として使用するためには、70万円ほどでEV用の充電器などを整える必要があります。しかし、「燃費の良い車+蓄電池」が手に入ることを考えれば、将来的な利益は非常に大きいと言えるでしょう。そうなると当然、導入だけで20万の蓄電池よりも日常的に使える車のバッテリーを活用した方が、経済的と見ることができます。

 現在、三菱グループや日産自動車が蓄電池の代用となるシステムを採用した電気自動車を販売しています。これにより、将来的には設備コストも削減され、本格的にEVが住宅用蓄電池にとって代わる日が来るのかもしれません。


    EVスタンド


 電気自動車市場、開花の予兆

 EVが普及する障害となっていた初期費用は、ガソリン車と比べても少し割高という水準にまで下がってきました。そして燃料代はというと、今では「100km走行して、ガソリン車に比べ、EVの方が380円安い」という試算も出ており、益々メリットが大きくなってきました。

 また今後も、量産化による価格の低下が進み、問題であった初期費用も補助金なしで解決できると見通されています。更にもう一つの課題であったEV充電器の設置場所は、14年末は2800ヵ所だったのに対して、現在では約7000ヵ所に達しています。

 補助金を交付する次世代自動車振興センターによれば「高速道路や商業施設、ホテルなどで充電器の導入が進んでいる」との話です。そして何より、三菱自動車、日産自動車に続いて、大手企業「トヨタ自動車」がEV市場に参入したことが、大きな影響を与えています。トヨタ自動車は今年、太陽光発電のパネルが搭載された新型車を発売しており、注目を集めました。


    プリウスPHV


 まとめ

 EV各種の普及に伴い、住宅用蓄電池以上に車のバッテリーの有益性が明らかとなってきました。これにより、市場の主体はガソリン車や太陽光による自家発電からEVへと移り変わっていくことでしょう。

 今後は太陽光発電設備の販売業者が、新しいライフプランの提案として、EVを販売する日が来るかもしれません。これから自宅に太陽光発電設備を設置、または設備搭載の新築住宅を購入しようとしている需要家様は、自動車メーカーや太陽光業者の今後の動向を注視していただければと思います。



 → 蓄電池の上手な活用法と将来の展望
 → 蓄電池・エネファーム等に対する助成金(補助金)制度の概要(東京都)
 → 住宅用蓄電池市場に吹く逆風の正体とは?自家消費を推進するメーカーの動き



 

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

天意(てんい)

運営者:天意(てんい)
 太陽光発電初心者が投資に失敗しないための知識や業界の動向を現場目線でお伝えしていきます。
 メディアでは報道されない業界の現状や本当の姿を紹介していければと思います。
 → 詳しいプロフィール
 

 
カテゴリ
最新記事
太陽光発電投資が29年度でも高利回りな訳は? 2017/11/23
ソーラーフロンティアの生産拠点集約の功罪 2017/11/16
四国電力でも出力制御が始まった!発電事業者の対応方法は? 2017/11/09
出力抑制の仕組みとその経緯から見る系統連系問題 2017/11/02
太陽光パネルのPIDの発生原因と対策 2017/10/26
全記事表示リンク
見積りサイト紹介
 見積りサイト紹介
楽天市場
リンク

ページの先頭へ