太陽光発電投資が29年度でも高利回りな訳は?

 メディアなどではことあるごとに「太陽光発電宴のあと」だとか「太陽光発電の杜撰な実態」などと書き立てますが、これは単に視聴者や読者の目を引き、太陽光発電業界のほんの一部ほんの一側面から見たものであると断言できます。


 こんにちは、天意です。
今回は太陽光発電投資の現状とメリットについてお話ししたいと思います。



太陽光発電市場の現状


 業界関係者の立場から申しますと、正確には「太陽光バブルは終わった」と「太陽光バブルに乗じた一部の悪質な業者が杜撰な工事を行った」になります。確かに昨日今日参入した業者が異常に儲けることができた時代は終わりました。これは市場が正常になったと言い換えれます。


 正常になる事により、バブルに乗した一攫千金狙いだけの業者が淘汰され、真剣に太陽光発電業界の将来を考えて事業を行う業者だけが残りました。


 政府は再生エネルギーの割合を30年度に22~24%へ高める計画を打ち出しており、うち太陽光は7%で、今より4千万キロワットの上乗せが必要になります。さらに経済産業省は改正FIT法の施行に伴う認定失効の暫定推計値を27.77GW(46.6万件)と公表しましたが、この数は未稼働案件48.82GWの半分以上になります。こういったことから、我が国日本ではこれからもまだまだ太陽光発電所を作っていかなければなりません。


 固定価格買取制度の買取価格は年々下がっている事はよく報道されていますが、それと同等くらい設備価格が下がっている事は報道されておりません。実際には投資家の利回りはそれ程悪化していないのです。


 平成29年度の買取価格21円(税抜)でも表面利回り年率10%以上の物件は数多くございますので、まだまだ太陽光発電の投資価値の優位性は揺るぎません。どうか安心して太陽光発電にご投資していただければと思います。



太陽光発電投資は高利回りを維持


 再生可能エネルギーの固定価格買取制度、通称FITが2012年に始まりました。当時は1キロワット当たり40円で買い取られていました。しかし、17年度には21円にまで下がり、太陽光発電は完全に儲からないもの、という認識が強まりました。


 ですが儲からないと決めつけるのは、早計です。 例えば08年頃にかかっていた設備コストと、現在のコストを比べると、歴然の差があります。コストを削減して効率よく発電することで、確かな額の売電収入を得ることは可能です。太陽光発電は、現在でもローリスク・ハイリターンが実現できる投資なのです。


 投資額を抑えて大きな発電量を確保できる事により、現在でも利回りを下げずに収入を得られます。例えば広さ750㎡の土地に50キロワットの太陽光発電システムを設置した場合、設備投資額が1000万円ほどであれば、実質ベースで10%前後の高利回りですので、10年で償却できるはずです。


投資シミュレーション



不動産投資にも勝る収益性


 投資方法、額次第では、まだまだ儲けられる余地はあります。また、長期安定収入の王道ともいえる不動産投資と比べても、太陽光発電投資の方に軍配が上がります。


 日本不動産研究所が実施する、不動産投資家調査によれば、新規参入しやすく、単身者に高い人気があるワンルームマンションの密集地区である、東京都城南地区でも15年の4月の調査で収益率4.6%でした。


 もちろん、現在とは若干違うかもしれませんが、それでも太陽光発電投資の半分ほどにしかなりません。最も大きな違いはやはり、空室リスクです。不動産は何より借りる人がいてこそ経営が成り立つものです。借りてくれる人を獲得するための対策なども必要になるかもしれません。


 しかし電気なら、電力会社が国の制度に基づいて20年間買い取るよう定められています。平たく言えば、20年間は満室経営ができるということです。


 現在の太陽光発電投資は、一般的な不動産投資よりもはるかに収益性の高い投資になっています。先行きが不透明な部分もありますが、確かな制度と技術があります。


 確かに、太陽光発電は不動産投資などよりも歴史が浅く、認知度も一時期よりは高まっているとはいえ、あまり注目されていません。しかし、原子力や火力の代替となる自然エネルギーの整備が急務な現状で、太陽光発電はこれまで以上に大切な発電システムとなり、需要は高まります。まだ余地がある現時点での、太陽光発電投資の新規参入は、大いにおすすめしておきたいです。




関連記事

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

天意(てんい)

運営者:天意(てんい)
 太陽光発電初心者が投資に失敗しないための知識や業界の動向を現場目線でお伝えしていきます。
 メディアでは報道されない業界の現状や本当の姿を紹介していければと思います。
 → 詳しいプロフィール
 

 
カテゴリ
最新記事
感電事故が増加 2017/12/14
太陽光発電の国による買取保証と賦課金の仕組み 2017/12/07
売電事業が儲かる驚くほど簡単な仕組み 2017/11/30
太陽光発電投資が29年度でも高利回りな訳は? 2017/11/23
ソーラーフロンティアの生産拠点集約の功罪 2017/11/16
全記事表示リンク
見積りサイト紹介
 見積りサイト紹介
楽天市場
リンク

ページの先頭へ